ここでは意外と知られていない 

【エネルギー不足】 

のお話をします。 

 

「なかなか行動できない」 

「やりたいのにやれない」 

「つい遊んでしまう」 

 

といったことは誰にでもあり 

また、私のところには 

 

●会社の収入だけでは不安なので 

インターネット起業したい 

 

●家で子供を見ながら 

仕事をしたい 

 

●コーチやカウンセラーとして成 

功したい 

 

といった方たちがよく 

相談に来られるのですが 

 

ほとんどの人が 

「なかなか行動できない」 

ことに悩んでいました。 

 

私も月収数百万のような 

大きな額を稼ぐところまでは 

なかなかいけなかったものですから 

よくわかりますが…… 

 

なんだかんだ、行動が途中で 

止まってしまうんですよね。 

 

大きな起業塾なんかに入っても 

行動できない人はだいたい 

置いてけぼりにされますので 

 

成功できるのは 

【行動し続けられる人】 

なのだというのは本当に痛感します。 

 

そしてこの行動できるか 

できないかを決めるものが 

 

★【エネルギー】です。 

 

例えばここに 

一日当たりのエネルギーを 

≪2000≫持っている人が 

いるとします。 

 

この人がネットで個人起業するのに 

≪1000≫のエネルギーがいるとします。 

 

普段のお勤めで≪500≫エネルギー、 

日々の生活で≪300≫エネルギー 

使っているなら 

 

≪合計800エネルギー≫を毎日 

消費していることになる。 

 

もともとの≪2000≫から引いても 

まだ≪1100≫余っているので 

この人は後に個人起業で成功します。 

 

しかしそこに加えて 

育児に毎日≪500≫のエネルギーを 

消費していたら 

 

消費合計が≪1300≫になってしまい 

≪700≫しか残りません。 

 

起業するには≪1000≫の 

エネルギーが要りますから、

 

この場合は途中で 

しんどくなってやめてしまい 

失敗に終わるでしょう。 

 

ようするに、 

行動できない人はエネルギーが 

足りていないんです。 

 

それをわかっておらず 

 

「どうして自分だけできないのか」 

「自分はダメなんじゃないか」 

 

と行動できない自分を 

責めてしまったりするケースも 

とても多いです。 

 

エネルギーはもともと、 

多い人と少ない人がいますし 

 

どんなところにどれだけ 

消費するかにも 

個人差があります。 

 

 

 

特に人生を変えるチャレンジ

=エネルギーを大量に消費する 

(多くのストレスがかかる) 

 

そこになかなか向かえない!という人は 

自分のエネルギーがちゃんと 

そこに向かうだけの量が 

余っているのか 

 

確認してみてください。 

 

また、エネルギーには充電と 

放電があります。 

 

(※何が充電で放電かは、 

人によって違います) 

 

●【エネルギーを充電する行為】 

 

リラックスできること 

ストレスなく満たされること 

 

※好きなことをしている場合に 

多く起きます。 

 

楽しい感情が 

湧き上がることに多いです。 

 

「つい遊んでしまう!」という時は 

慢性的なエネルギー不足に陥っており 

遊びで充電しようと 

しているのかもしれません。 

 

質の良い睡眠は 

確実な充電ですし 

 

お風呂なんかも 

いい充電になりますよね。 

 

●【エネルギーを放電する行為】 

※ストレスを感じること 

 

つらいなぁ、しんどいなぁと 

感じるときは放電が起きています。 

 

こういう時は 

「いま、放電してるな」と自覚し 

 

あとで好きなことや 

リラックスできることをして 

充電し、エネルギーを回復させて 

あげるようにしましょう。 

 

これを怠ってエネルギー値が 

マイナスになると 

体や心に不調が出てきます。 

 

※好きなことを我慢したり 

やらないままでいることも 

実は大きな放電!! 

 

好きなことを 

しまくっている人は 

意外と元気いっぱいなものです。 

 

日常で我慢をしていないか 

確認してみてください。 

 

※やらなくちゃと 

思っていることの先延ばしは 

エネルギー不足に直結 

   

実は「やらなきゃ…」と 

思って放置していることって 

無意識化で大きなストレスになっています。 

   

とにかく一刻も早く 

思い切って取り組むことで 

スッキリ元気になることが多いですので 

これを読んだら今すぐ頑張ってみましょう。 

 

●【充電と放電が同時に起こる行為】 

 

ストレスがかかるけど 

楽しい行為というのがあります。 

 

人によりますが旅行なんかは 

疲れますが楽しいですよね。 

料理とかもそうかもしれません。 

 

好きなことでも、 

そこそこ労力を要することは 

ここに属します。 

 

私にとっては仕事が 

この位置です。 

 

仕事は責任を伴うので 

必ずストレスになる部分がありますが 

 

しかし好きな仕事を出来ていると 

同時に充電にもなるので 

長く働き続けることができ 

かつ、疲れづらくなります。 

 

好きだと、大変でも 

やり続けられるのは 

こういうわけです。 

 

 

・・・ 

このように【エネルギー】 

というものの存在を知り 

 

今の自分の状態を 

きちんと把握しながら 

充電と放電をうまく 

使い分けられるようになると 

 

「行動できない!」 

が減っていきます。 

 

行動できない奴はダメだ! 

のような極論に 

耳を貸さないでください。 

 

出来ない自分を 

責めないでください。 

 

行動できないのには 

かならず理由があります。 

 

 

辛くないか。しんどくないか。 

ずっと我慢していることはないか。 

 

自分に問いかけてください。 

 

そしてチャレンジに踏み切る前に 

それらの悩みをどうぞ、 

まずは解消してあげてください。 

 

そうすればきっと 

うまくいくようになりますよ。 

 

 

≪追記≫ 

少し上でも触れましたが、自己肯定感が低いと 

使えるエネルギーがそもそも少ないことが多いです。

 

自己肯定感が下がる原因 

●心の制限がある 

●過去のトラウマが強い 

●周囲の人間関係が悪い 

 

こういった場合は個人的な努力では難しい場合があります。 

 

ぜひメルマガ登録特典の無料相談を使って 

相談されてみてください。 

 

 

企画/原案/監修/デザイン制作/ふじぬまさとし 

著/ふじぬま果里  

発行/ベストライフコンサルティング事務所 

pro.Flyaway≪心の仕組みlabo≫ 

※全文著作権で保護されています。 

※無断禁転載。SNS等への掲載不可。 

copyright (c) 2022 pro.Flyaway  

All Rightsb Reserved.